小児歯科・予防歯科

contact_tel.pngお問い合わせ

小児歯科

小さなお子様の歯を守るためには、保護者の方のサポートが欠かせません

保護者の方に仕上げ磨きを指導します

小さなお子様一人では、適切に歯磨きすることができない場合があります。こうしたお子様の歯を虫歯などの病気から守るためには、保護者の方による仕上げ磨きが欠かせません。

当院ではブラッシング指導を行う際には、お子様に歯の磨き方を指導するだけでなく、保護者の方にも仕上げ磨きの方法を指導するようにしています。

母子感染にご注意ください

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌はいません。まわりの大人(特にお母様・お父様)が、自分が噛んだ食べ物を与えたり、お箸やコップなどを共有したり、キスなどのスキンシップを行ったりすることで感染するケースが多いとされています。

虫歯菌の感染が遅ければ遅いほど、そのお子様が虫歯になるリスクを軽減することができるとされていますので、「母子感染」に注意するとともに、保護者の方もご自身のお口の中の虫歯菌の数を減らすためのケアに取り組むようにしてください。

お子様の歯を虫歯にしないための「3つの注意」

だらだら食べを止めさせる

食事やお菓子などを長時間食べ続ける「だらだら食べ」は、お子様のお口の中を「虫歯にかかりやすい環境」にしてしまいます。食べる時間をしっかり決めるなど、だらだら食べを止めさせて虫歯を予防するようにしてください。

甘いものを与え過ぎない

糖分の多い甘いお菓子やジュースなどは、虫歯菌の酸の産生を促進させてしまうことになりますので、与え過ぎに注意するようにしてください。

食後の歯磨きを習慣付ける

できるだけお口の中に糖分を残さないように、食後の歯磨きを習慣付けるようにしてください。どうしても歯磨きが難しい場合には、お口を水でゆすぐだけでもかまいません。

お子様のうちから定期検診を受けるメリット

お子様の現在の歯、そして将来の歯を病気から守りたいとお考えであれば、是非当院で定期検診を受けさせてあげてください。

定期検診によりお口の中の状態を常にチェックすることで、虫歯などの病気の早期発見・早期治療につながったり、フッ素塗布を受けることで、虫歯になりにくい歯を作ることができるようになったりするなど様々なメリットがあります。しかし、お子様のうちから定期検診を受ける最大のメリットは、「歯の重要性」そして「歯磨きの重要性」を理解させることができる点にあると考えています。

「歯の重要性」「歯磨きの重要性」が理解できていれば、ご自宅での歯磨きの精度を高めることが可能となります。歯を病気から守るためには、歯科医院でのプロフェッショナルケアも大切ですが、ブラッシングなどのご自宅でのセルフケアも欠かせません。お子様のうちから定期検診を受けさせてあげて、歯に対する意識・知識を高めるようにしてください。

お子様を「歯医者嫌い」にしないために

お子様を「歯医者嫌い」にしないために、当院では無理矢理治療したりはしません。お子様の成長に合わせて、ゆっくりと診療を進めるようにしています。

また、お子様の中には歯科医院独特の薬の匂いや器具の音が苦手で、診療が受けられない子もいます。そうした子にも安心して診療を受けてもらうために、薬の匂いを抑えたり、歯を削る時の「キーン」という音が出にくい器具を使用したりするなど、できるだけお子様を怖がらせないように配慮しています。

予防歯科メニュー

ブラッシング指導

歯を病気から守るためには、毎日の歯磨きが大切です。患者様お一人おひとりの歯の状態に合わせて、適切な方法を指導します。小さなお子様を指導する時には、保護者の方に仕上げ磨きの方法も指導するようにしています。

フッ素塗布

定期的にフッ素を歯の表面に塗布することで、歯質を強くして虫歯への抵抗力を高めます。フッ素には再石灰化を促進する効果が期待できるので、初期の虫歯であればフッ素塗布により症状を改善することが可能です。

シーラント

生えたての永久歯の奥歯は、溝が深く複雑な形をしているため、すぐに食べかすが溜まり虫歯になりやすい傾向にあります。シーラントとは、この奥歯の溝を歯科用樹脂で埋めることで虫歯を予防する方法です。

PMTC

PMTCとは、歯科医院で歯科医師・歯科衛生士が行う専門的なクリーニングのことです。ブラッシングなどのご自宅でのセルフケアだけでは落としきれない汚れも、PMTCであればきれいに除去することが可能です。

TEL:072-825-0118 お問い合わせ