虫歯・歯周病・痛みの少ない治療

contact_tel.pngお問い合わせ

虫歯治療

虫歯とは

虫歯とは、お口の中に棲みつく細菌が食べ物などに含まれる糖分から産生した酸により、歯のエナメル質が溶かされていく病気です。初期段階にはほとんど自覚症状が現れないため、歯科医院で定期メンテナンスを受けていないと早期発見・早期治療が難しいと言えます。

虫歯の進行はCO・C1・C2・C3・C4の5段階に分けることができますが、このうちC4にまで進行すると歯の目に見える部分(歯冠)がほとんど破壊されたり、歯の神経(歯髄)が壊死したりしてしまい、抜歯が必要となる場合もあります。

虫歯を放っておくと…

虫歯は放っておいても、自然に治ることはありません。症状に気づいていながらも放置していると、どんどん悪化して、最終的には抜歯せざるを得なくなることもあります。天然歯を維持し、いくつになってもご自分の歯で食事を楽しみたいとお考えであれば、決して虫歯を放置せずに、当院で適切な治療を受けられるようにしてください。

痛みやしみなどの症状に気づいた時には、すでに悪化している可能性がありますので、できるだけお早目にご連絡ください。

痛みの少ない治療

当院ではできる限り痛みの少ない治療を提供するために、歯を削る時には、音が静かで振動や摩擦熱の少ない「5倍速コントラ」という器具を使用しています。また、麻酔を使用する場合には、注射にともなう痛みを軽減するために、表面麻酔を使用したり、電動麻酔器によって一定のスピードで麻酔液を注入して痛みの発生を抑えたり、「33G(毛髪と同程度の細さ)」という極細の針を使用したりしています。

痛みに対して恐怖心が強い方も、安心してご来院ください。

根管治療

歯根部分にある、歯髄が通る細い管のことを「根管」といいます。虫歯の悪化により壊死した歯髄や、溶けた象牙質などをそのままにしていると抜歯しなければいけなくなることがあるため、これらを除去して清掃・消毒し、薬剤を充填することで抜歯を回避します。これを根管治療といいます。

根管治療のうち、通常のレントゲン検査だけでは原因がわかりにくく、CT検査による治療の有効性が認められる場合には、CT検査が保険適用となります。当院は歯科用CTを導入しておりますので、CT検査は当院で受けて頂くことができ、難治性の患者様であっても精度の高い根管治療を受けて頂くことができます。

歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは、歯垢(プラーク)などに含まれる「歯周病菌」に感染することで発症する感染症です。歯と歯茎の間に炎症が起こったり、歯茎から出血したりするなどして、最終的には歯が抜け落ちてしまうこともあります。初期段階には自覚症状がほとんど現れないため、歯科医院で定期メンテナンスを受けていないと早期発見・早期治療が難しいと言えます。

現在、日本の成人の約80%が何らかの形で歯周病にかかっているとされており、歯を失う一番の原因であるとされています。

こんな症状が現れたら注意が必要です

  • ブラッシング時に歯茎から血が出る
  • 硬いものを噛むと歯茎から血が出る
  • 歯茎が腫れている
  • 歯茎の色が黒ずんでいる
  • 歯と歯の間に食べかすが詰まりやすくなった
  • 歯が長くなったように見える(歯茎が下がっている)
  • 朝起きた時、口の中がねばねばしている
  • 口臭がきつくなった
  • 歯が浮いているような感じがする
  • 歯茎から膿が出る

歯周病から歯を守るために~セルフケアとプロフェッショナルケア~

歯周病から歯を守るためには、ブラッシングなどのご自宅でのセルフケアと、定期メンテナンスなどの歯科医院でのプロフェッショナルケアを両立させることが大切です。

当院ではブラッシング指導により患者様のセルフケアの精度を高めたり、1ヶ月に1回程度の定期メンテナンスを推奨したりするなど、歯周病予防に向けて様々な取り組みを行っておりますので、是非定期的に当院にお越し頂き、歯周病を効果的に予防するようにしてください。

歯周病の治療

初期段階の歯周病であれば、歯垢や歯石を除去する「スケーリング」や、適切な歯の磨き方を身に付ける「ブラッシング指導」などにより症状を改善させることが可能ですが、歯周病が悪化した時には「フラップオペ」や「APF(歯肉弁根尖側移動術)」などの外科手術が必要となる場合があります。当院ではこれらの治療に対応しておりますので、必要に応じて適切に提供します。

フラップオペ

局所麻酔を行った上で歯茎を切開し、歯の根っこ(歯根)を露出させて、その奥にこびりついた歯垢や歯石のほか、汚染された歯肉組織などを除去することで症状の改善をはかります。

APF(歯肉弁根尖側移動術)

歯周病の悪化により歯周ポケットが深くなり、歯根が露出している場合などに行われる治療です。骨膜を骨に残すように切開し、歯周ポケットの奥にある歯垢や歯石、汚染された歯肉組織を除去した後、切開した歯茎の先端を根尖側に移動させて縫合します。縫合後、歯茎は歯冠側に向かって治癒していきます。

歯を失ったまま放っておくと…

虫歯や歯周病は歯を失うことにつながる病気です。万が一これらの病気で歯を失い、そのまま放っておくと、欠損部分の両隣の歯が倒れてくるなどして、噛み合わせが乱れる場合があります。そうして噛み合わせが乱れると、適切なブラッシングが行いにくくなり、虫歯・歯周病リスクが高まる可能性があります。そして、これらの病気により再び歯を失い、さらに噛み合わせが乱れて虫歯・歯周病リスクが高まり、また歯を失うことになる…などというように、「歯の悪循環」にはまり込んでしまう場合があります。

このような悪循環を回避するためにも、歯を失った時にはできるだけお早目に当院にお越しになり、適切な治療を受けられるようにしてください。当院では天然歯同様の噛み心地が得られるインプラント治療も行っております。これにより歯を失った後もQOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)を下げることなく、快適に生活して頂くことが可能となります。

TEL:072-825-0118 お問い合わせ