口腔外科

contact_tel.pngお問い合わせ

親知らず

親知らずとは

親知らずとは、20歳前後で生えてくる8番目の大臼歯のことです。先天的に存在せず、生えてこない方もいます。また、レントゲン撮影を行って初めて、歯茎の奥に親知らずがある(埋伏歯)と判明する場合もあります。

当院では親知らずの検査・診断、抜歯も行っていますので、「親知らずが痛い」「親知らずが適切なブラッシングを阻害しているために、隣の歯が虫歯になっている」などのことでお困りであれば、お気軽に当院までご相談ください。

抜歯せずに経過観察した方がいい場合

  • 正しい方向に生えている
  • 噛み合わせに参加している
  • 深い位置に埋まっていて、痛みや腫れなどがない
  • 親知らずや、隣の歯に対して適切にブラッシングを行うことができる

抜歯を検討した方がいい場合

  • 横や斜めに生えている
  • 親知らずが虫歯にかかり、神経にまで達している
  • 痛みや腫れなどが生じている
  • 親知らずが適切なブラッシングを阻害しているため、隣の歯が虫歯になっている

少ない痛みで親知らずを抜歯します

当院は歯科用CTを導入しており、CT検査により親知らずの生え方や方向などを詳細に確認することができるため、短時間で抜歯することが可能です。できるだけ早く・正確に、そして少ない痛みで親知らずを抜歯しますので、痛みが苦手という方も安心してご相談ください。

インプラント

インプラントとは

インプラントとは、虫歯や歯周病などの病気、怪我、加齢などにより失った天然歯を補うための治療です。

人工歯根(インプラント体)を顎の骨に埋入し、その上に人工歯(上部構造)を装着させることで、噛み合わせを回復させたり、お口まわりの審美性を改善させたりします。顎の骨にしっかりと固定させるのでぐらついたりすることがなく、硬いものでもしっかりと噛むことが可能となります。

天然歯同様に食事を楽しんだり、思いっきり笑ったり、はっきりと喋ったりすることができるようになることから、「第二の天然歯」とも呼ばれています。

顎の骨との結合が早いストローマン社のインプラントを採用

当院では、1974年に開発されて以来、世界中で治療実績のあるストローマン社の製品を採用しています。ストローマン社のインプラントを採用している歯科医師は世界で約7万人以上にのぼり、国内外への移住や転勤、長期出張時にも対応しやすいインプラントの1つです。また、顎の骨との結合が早いという特徴がありますので、短期間で人工歯を装着させることが可能となります。

CTによるガイドシステムでインプラント治療の安全性を高めます

当院ではインプラント治療を行うにあたって、CTによるガイドシステムを使用しています。
CT画像からコンピュータ上で適正なインプラント埋入位置をシミュレーションし、その結果をもとに作製したインプラント埋入ガイドに沿って手術を行うシステムです。

これにより、これまで歯科医師の経験や技術に左右されることの多かったインプラント治療の安全性が高まり、精度の高い手術が可能となるほか、手術時間を短縮させることができる場合があります。

骨の量が足りない方のために~GBR(歯周組織再生誘導治療)

GBR(歯周組織再生誘導治療)とは、歯周病などが原因で顎の骨が痩せてしまったために、安全にインプラント治療を受けることができない方などに行う治療です。インプラント埋入時に歯茎の内側に自家骨や骨補填材を注入し、人工メンブレンで覆ってから歯茎を縫合します。その後、通常4~6ヶ月程度で顎の骨が再生され、インプラントがしっかりと固定されるようになります。

顎関節症

顎関節症とは

顎関節症とは、関節円板が何らかの要因によりずれてしまうことで起こる、「口が開かない」「顎が痛い」「口を開けると顎から音が鳴る」などの症状の総称です。顎関節症を放置すると、上記のような症状だけでなく、頭痛や肩こり、耳鳴りなどを引き起こす場合があります。

顎関節症の治療

当院では、症状を抑制するためにマウスピースを使った治療を行ったり、顎の痛みを緩和するためにCO2レーザーによる治療を行ったりしています。当院で治療が難しいと判断した場合には、専門医を紹介させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

TEL:072-825-0118 お問い合わせ